ガーデニング折り返し地点です

昨日、夫に「君は、いつまで種をまき続けるつもりなの?」と、何気ない疑問を投げかけられました。思わず、はっと手が止まった私。

サラダや葉物野菜、パセリなど一部のハーブは、継続して収穫したいので、1~2週間おきに種まきをしていたのです。しかし、そろそろ、ガーデニングの時期も後半に入ってきたので、種まきをストップせねばなりません。


私たちが住んでいるところでは、最終の霜は5月末まで降りる可能性があります。実際、今年も5月末に霜が降りて、一部の野菜と花の苗がだめになりました。

そして、9月に入るといつ初霜が降りてもおかしくない状態になります。9月になっても日本の残暑のように、暑さが残る年もありますが、毎年そうとはかぎりません。

寒さに強い植物もあるとはいえ、実質しっかりとガーデニングできるのは、6月から8月までの3か月ということになります。7月中旬の今はまさにその折り返し地点。

ここからは野菜を育てるというよりも、収穫作業がメインになるでしょうか。そうなるといいんですが^^

あとは来年に向けての準備と冬支度ですね。そう考えると少し寂しい気もしますが、なによりもここからが今までの労働の報酬(収穫)を享受する時期です。楽しんでいきたいと思います。







コメント