もやしの水耕栽培、失敗

二週間しても発芽しなかった

もやしを水耕栽培しようとしていたんですが、うまく発芽しませんでした。本来、難しいものではないはずなので、使用した乾燥緑豆が遺伝子操作されているものなのではないかと思います。


はじめたのは5月3日。約二週間前です。


毎日お水を交換しながら、光にあたらないように、適温になるように頑張ってみましたが、ぜんぜん発芽する気配もありませんでした。

厳密にいうと、根っこか芽のようなモノが出かけた豆もあったのですが、それと同時にまめ(胚芽)が割れるというふうでした。

発芽しないように作られている豆はこうなるのでしょうか。発芽したいのにできない豆を見て悲しくなりましたが、新鮮なもやしが食べられないことにも悲しくなりました。


5月8日撮影

もしかして、緑豆がうまく発芽しないときのために、がっかりしないようにと同じ日に仕込んだのがブロッコリースプラウトです。こちらは数日で発芽しました。

もちろん、去年購入したブロッコリースプラウト水耕栽培セットのものなので、ちゃんと栽培できるのは分かっているのです。

5月12日撮影

このようにすくすく成長して、


おいしそうなスプラウトになりました。今日、サラダにとっぴぐしていただきました。




コメント