ゼラニウムを挿し木で増やす【ガーデニング日記】


去年種まきしたゼラニウムが花をつけ始めています。窓辺に置いているため、ひょろ長く伸びてしまった茎の根元から、どんどん新しい芽が出て来くるようになりました。


それで長く間延びしてしまった部分の新芽をとって挿し木にしようと思います。



新しく出てきた芽を、5cmくらいの茎の長さで切り取ります。



ゼラニウムの根は節のところから出るらしいので、複数の節が含まれている状態がベストです。



茎の下側から生えている大きめの葉を取り除き、1本の茎に小さめの葉が2、3枚ついている状態にします。そして病気感染を防ぐために、数時間室内で乾燥させます。



その後、水分をたっぷり含ませた植え替え用の土に、茎が斜めに刺さるように刺して完成です。土に刺したあとは、ゼラニウムの茎を動かさないようにしてください。



根が出るまで2〜3週間、土が適度に湿った状態を保ちます。土が湿り過ぎているとカビが生えやすくなるので、適度な湿度を保つ必要があります。根付くまでは、直射日光が当たらない室内で管理しましょう。

 




コメント